勝つコツ

当り前の事を言いますが、

トレードで勝つコツは『損をしない事』です。

 

さぞかし「うん、確かに当り前だな」と思われた事でしょう。

ですが、

これは、簡単な事で無いにも関わらず、その重要度は割りと軽んじらているように思います。

 

「そんなことは知っている。当り前」で済ませている人の多くが、負けている人です。

いくら偉人たちが「大事だ」と言っても、素人はその重要性を軽く見てしまう傾向があります。
(私もそうでしたが。。)

 

絶対に、損をしない事」と言えば、先程より重要性が伝わると思いますが、恐らくまだ伝え足りていません。

 

絶対に絶対に、絶対に、損をしない事!と言えば、更に強度は増すでしょう。

 

意見が分れなかったコト

どんな名プレイヤーにも個性があり、性格も手法も違うのに、口を揃えて一致する不文律があります。

ソロスもバフェットもジェシーも、一様に安全性の大切さを述べています。

「まずは生き残れ、儲けるのはその後だ」

ジョージ・ソロス

 

「ルール1:絶対に損をしないこと。ルール2:絶対にルール1を忘れない事」

ウォーレン・バフェット

 

「現金は相場師の在庫であり、生命線であり、もっとも信頼できる友である。金を失ってはならない」

ジェシー・リバモア

 

ギャンも28ルールの中で何度も語っています。

 

ソロスの右腕と言われたビクター・ニーダーフォッファーの破産は、この不文律を守らなかった事が原因と言えます。
(ソロスはこうなる事を予言し、いつもビクターに忠告していたというのに!)

 

歴戦のマーケットウィザードさえ崇拝するレジェンドたちが、口をそろえて言っている助言を無視しない方が良いでしょう。

 

どんな事をしてでも、資金を守るべきで、

資金を守る為のあらゆる方法は検討すべきです。

また、その手段はシンプルな方が良く、かつ、多いに越した事はありません。

 

貧乏になるのに準備はいらない

私自身、膨大な含み益を一瞬で失った事は一度二度ではありません。

信じられないような一瞬の値動きで全て失う事もありました。

 

フェイバーを失うだけでなく、損失になってしまった事も多々あります。

 

それだけでも痛手ですが、そういう時は大体メンタルが乱れて次回以降のトレードに悪影響を及ぼします。

そして勝てていた型を崩して自滅し、自信をなくし、しばらくぼーっとして相場から離れるのがオチです。

 

これは、たった一度のミスから誘発されるんです。

 

 

「安全確保」は、その場の資金を守る狭義な効果だけでなく、トレーダー人生を決める「勝つトレーダー」の本質的行為の一つと言えます。

まずはどんな事をしても「守る」べきなのです。

 

「損しない為の施策」全てが戦略上正しい訳ですから、たとえその施策が損にみえても戦略勝ちしている限り、最終的に勝つ可能性は、断然高いのです。

だから、どんなに損してでも、損しない方法を考える事自体が大切ということです。

 

コラム

ソクラテスは「愛の探求」において、

「愛とは何なのか?」が大切なのでなく、「愛とは何か?を探求する事」こそが大切だと言っています。

これと似たようなモンです

(余計わからん)

安全確保はトレーダーの基本的精神で最重要課題のひとつなのです。

 

ちょっと難しく聞こえるでしょうか。

 

簡単に言うと、

負けるのに準備はいらないが、勝つ為には準備が必要

ということです。

 

もっと言うなら、

 

備えなければ、憂いばっか。

 

ということです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。