連敗

連敗はアッと言う間にやる気と自信を失わせます。

その結果相場を傍観すれば、嘲笑うかのように反転しいつもなら取れる筈のトレードを逃し、更なる悪循環に嵌ってしまいます。

結局また今週も負けだ・・・減り続ける口座をもう見たくない・・・
何度やっても駄目・・・所詮は夢か・・・
自分は向いてないのか?・・・他の事を目指そうか・・・

ネガティブな感情ばかりが押し寄せて気力を失わせます。
しかし、学習を続ける以上、自分が成長過程である事実がまたあります。

負けても負けても勝つまで努力を止めなかった人が勝っているだけです。

 

もう諦めますか?もっと頑張りますか?

 

どのような良いシステムでも、常勝トレーダーでも必ず負けが続くドローダウンの時期があります。
負けは必要条件の一つです。

勝率100%が無い以上必ず負けがありますが、言いかえれば
勝つ為には、負ける事が必要という事です。

光だけ存在出来ないのと同じで
連敗の時期もトータルで勝つ為には必ず通る状態であると言えます。

但し、負けトレードを単なる消化試合にしてはいけません。
負ける手法を続ければこの先も負けます。

ドローダウンに耐えながら、次回以降の勝率を上げる為に水面下で勉強を進めて下さい。
こうする事で負ける度に強くなる自分が成り立ちます。

もっと勝ちたいと願うなら新たな負けをもっと経験したいとさえ思うでしょう。
負けも訓練の1つと言えます。
負けデータが増えれば増える程、それを排除すれば勝ちに近づく道理です。

負けを把握し管理する「負けマスター」になりましょう。
あらゆる負けパターンを熟知しましょう。

「負けました~」じゃないですよw

 

座学だけでは勝てません。
トレードはよくスポーツに例えられますが全くその通りだと思います。

学習したら実践と検証、経験したらフィードバックしてまた仮説・検証・学習、、、
このサイクルを繰り返せば、実力がアップする事は明白です。

その為に必ず経験が必要です。

失敗を繰り返えさなけば、3ポイントシュートも上達しませんよね。
何万回も打ち込んで(外して)やっと上達するのです。

 

少しキツイ事を言うようですが、
いつまで経っても負けている人は、経験後の検証や勉強が足りていな可能性があります。
テキトーにボールを投げてフォームの改善もしないのです。

単純に勉強不足という事です。
あるいは勉強と経験が独立してしまっていて、せっかくの経験(負け)を生かせず無駄にしていると言えます。

負ければ誰でも辛いです。でも、

その辛さより強い目標や願望がある筈です。
負ける度に目標に近づいていると言えるような学習をすれば、当然到達するでしょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]