MT4に日本時間を表示する代表的なインジJPN_Time_Sub/Zero/V各種とFXmt日本時間の違いを説明します。

 

平たく言えば「シンプルで早い」を目的に作成しています。

既存の日本時間インジはなぜか重いものが多いので、特質系のインジと併用しても耐えうる(どんなインジにも相性の良い)軽量タイプとして開発しました。

 

多く、初めて国内証券会社から海外ブローカーに移行した際、日本時間の把握にちょっと戸惑います。

売買は国内業者・チャート監視は海外MT4、という中間スタイルの人も多いと思います(私もそうでした)

 

JPN_Time_SubとFXmt日本時間の比較

優劣でなく好みの選択です。

JPN_Time_Subも大変良いインジで私も好きです。

 

両方無料なので、実際に使って自分に合う方を選べば良いだけですが、
開発事情的な違い(と苦労)も含めて両者の違いを紹介していきます。

機能比較

  JPN_Time_SubZero FXmt日本時間
時間差自動取得
時間差手動設定
表示間隔選択 ×
グリッド描写 ×
グリッドカラー設定 ×
表記カスタマイズ ×
フォントカラー自動調整 ×
フォントカラー手動設定
フォントサイズ設定 ×
矢印表示 ×
12時間表記選択 ×
標準スケール削除 ×
ワンクリック表示切替 ×
ピンポイント日本時間 ×
夏・冬時間忘れ防止お知らせ ×
ウィンドウ整列時の見やすさ
パラメーター数 18 4
オブジェクト使用数/他インジとの相性の良さ 数百~数万/ 2~60前後/

※) ◎ > ○ > △ > ×

 

パラメーター

JPN_Time_SubZeroパラメーター

 

解説サイトが多くあるので、項目別詳細は割愛しますが、

JPN_Time_SubZero(上図)にある時刻表示の間隔・表示形式、グリッド線表示機能は、FXmt日本時間(下図)にはありません。

 

FXmt日本時間パラメーター

FXmt日本時間パラメーター 設定は上段4つだけ

 

少し解り辛いですが、「その他」以下はパラメーターでなく説明エリアです。
従って設定値などはありません。

特徴的なのは、表示ON/OFFとピンポイント日本時間はチャート上でクリックして操作する点です。

 

表記カスタマイズ
JPN_Time_SubZero

表記方法はJPN_Time_SubZeroに軍配が上がります。

難点はタイムフレームを切替えた際、表示が合わない事くらいです。

 

JPN_Time_SubZero 1時間足

JPN_Time_SubZero 日足

※1H足基準で見やすい設定にすると、日足表示が不便で、その逆も然り。
こちらを立てればあちらが立たずといった感じですね。

 

 

これを解消するには、

①時間枠毎にウィンドウを立ち上げてそれぞれにJPN_Time_SubZeroを入れ、それぞに別の設定をする

②JPN_Time_SubZeroのパラメーターを時間枠の数だけ増やす(プログラム改造)

のどちらかをすればOKです。

 

前者はウィンドウが多くなる欠点があり、後者はパラメーターがダダ長くなる欠点があります(プログラム改変自体は簡単)

 
FXmt日本時間

私の場合はどちらもしっくりこなかったので

③各時間足毎に表示を変えつつ、パラメーターもウィンドウも増やさない

とういう方式で再編しました。

表示設定不要の反面、カスタマイズ性はありません。

 

FXmt日本時間 1時間足

FXmt日本時間 日足

 

また、設定値のTimeIntervalは、表示間隔を設定できますが、間隔を狭める(数値を下げる)ほど処理内容と表示内容が膨大に増えていきます。

残念ながらこれを防ぐ方法は無く、数値を下げない事でしか対応できません。

 

ウィンドウ表示

JPN_Time_Sub、JPN_Time_SubZero、JPN_Time_SubZeroV、が第二ウィンドウによるセパレートタイプなのに対し、

FXmt日本時間はチャートウィンドウ内に表示します。

 

セパレート表示の場合、

①「ウィンドウ整列」の際、表示が崩れる

②チャートエリアを圧迫する

などの問題点があります。

 

ウィンドウ整列時比較 ※サブウィンドウがつぶれて見えなくなる

欠点というより(機能の)トレードオフの問題であって善し悪しの問題ではありません。

しかし、

実は、オシレーター系インジと違い、日本時間表示系インジを別ウィンドウに表示させる利点は、ほぼありません。
MQLプログラムの制約上の問題と言って良いでしょう。

つまり、本来はチャートウィンドウ内にしたいが、プログラム上ウィンドウを分けるしかない、というのが開発者の実情です。
セパレートは、作者の苦肉の策でありナイスアイデアな訳です。

僅かな発想の転換なのですが、なるほどと感心させられるアイデアです。
ですからJPN_Time_SubZeroは優れたインジなのです。

そしてこの制約がある為に同種のインジはあまり開発されず、未だに選択肢が少ないのだと考えています。

 

FXmt日本時間は同一チャートウィンドウ内に表示するため、

二段並記、一段表記を選択でき、また、ワンタッチ切替、標準表記削除*、も可能となります。

FXmt日本時間 標準スケールを削除

 

 

コラム:ブルースが加速する理由

標準表記削除について。

build950以降報告されている「MT4側のバグがいまだ修正されておらず、
正しいプログラムを記述しても「標準表記削除が出来ない(タイムフレームを変えると元に戻ってしまい、その修正もできない)」
現象が続いています。

build1050時点でこのバグは引き継いでおり解消されていません。
(930までは正常に動いていたとの報告例あり)
(※ちなみ:MQ4のバグはとても多く、開発者みなさんの苦労が伺える)

このバグに対し制作者は無力です。
メタクウォーツ社が黒と言えば、虹も真っ黒だと言うしかありません。
それは「MT4の仕様」という名の元に許されるブルースなのです。

 

メタクウォーツ「カラスは赤です。」
開発者「間違いありません」
メタクウォーツ「実は白です。」
開発者「やっぱ白ですよね。」
メタクウォーツ「これからは黄色でいきます」
開発者「依存ありません」

 

「FXmt日本時間」はこの”理不尽”に断固コブシを挙げ、標準表記削除機能については、なんとかプログラム側の工夫によって”ライクな機能”を実現しています。

タイムフレーム切替時に、標準表記がチラッと顔を出すのはその為です。
この「ちょい出し」を止めて欲しいと言われても現時点では不可能です。

 

なぜなら、それは、、このインジの仕様だからです。

(♪弱いモノたちが夕暮れ~、更に弱いモノを叩く~)*

 

これが響き渡り、ブルースは加速して行くのです。

*THE BLUE HEARTS:TRAIN TRAIN 抜粋

 

 

動作速度・他インジとの親和性

前回の記事で解説しているのでそちらをご覧下さい。

 

その他

夏時間・冬時間、事前お知らせ機能

表示色自動設定

ピンポイント日本時間取得・表示

非表示一発切替え

 

など、当インジ各機能詳細も、このページでは比較のみの為割愛します。

MT4に日本時間を表示させる斬新なインジ

をご参照下さい。

 

以上、参考になればと思います。

 




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。


FX初心者ランキング