トレードにおける大きなつづら・小さなつづら

以下のような2つのトレードがある場合、どちらが大きく勝てるでしょうか。

 

A: S/L=30pips 、 T/P=40pips

B: S/L=20pips 、 T/P=30pips

※SL=ストップロス(損切)、TP=テイクプロフィット(利食)
※ロットは同じとする

 

AはBより、SL・TPそれぞれの値が10pipsずつ高くなっていますが、

これは10pipsの違いでなく、リスクリワードレシオは

A: 1.33

B: 1.5

なので、BがAより、1.13倍有利です(1.5÷1.3)

 

 

すずめ

 

同様に、

A: SL=30pips TP=40pips

C: SL=5pips TP=10pips

 

のケースでは、

トレードが成功した場合の獲得利益はAが4倍優れていますが、トレーダーにとって嬉しい環境はC(10pips)です。

損益比率に優れ、損失も最小限に抑えられているからです。

(Cの損益レシオは2.0

 

 

Aは、損切りまでの猶予期間が長いうえに獲得pipsは大きいので、安心して大きく狙えると思うかもしれませんが、それはひいき目過ぎると言うもの。

言い方を変えれば、利食いまでが遠く、損失はデカい、という事です。

 

また、Aの損益比は50%に近く、欲のない現実的なトレードだと思う人もいますが、Aの方が堅実という事はありません。
(用いる手法によって正着は変わりますが。。)

フィフティフィフティに近づく程、スプレッド分、不利になるからです。

 

初心者は、どうしてもpipsを取りたがり、かつ、即座に損切りされる事を恐れるので、Aのトレードを選択しがちです。

安全に大きく勝ちたいと思うが故ですが、実はこれこそ危険で大きく負けやすい環境です。

 

安全策を取って大負けするのですから、本人は訳がわかりません。

 

無論、獲得pipsが多いに越した事はないのですが、上記のようなトレードを比べた場合、pipsが少ない方が有利なのです。

 

つまり、Cのようなトレードを重ねた累計でpipsを積む事が勝ちやすいと言えるでしょう。

(今回の例はロットは同じものとして考えてください)

 

以上、「pipsをたくさん取ろうとしてはいけない訳」でした。

ヒントになればと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

ページ上下の「カテゴリー」「投稿タグ」「関連記事」から類似の記事をご覧頂けます。

役に立ったと思われた方はランキングクリックして頂けると嬉しいです。
いつもして頂いている方本当に有難う御座います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村